チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム最新開催情報


--------------------------------
シンポジウム開催日程は、「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム
オフィシャルサイトにて掲載しています。ぜひご覧ください。
--------------------------------

--------------------------------
セブン・ジェネレーションズの活動状況は、
Facebookおよびtwitterにて公開しています。

ご興味をお持ちの方、お問い合わせはinfo@sevengenerations.or.jpまで
ご連絡いただければ幸いです。
--------------------------------



イベント開催のご案内:11/20(土)『未来を思い出す対話』 ~アラスカ・クリンギット族、ボブ・サム氏を迎えて~

===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===

*** Seven Generations presents ***

『未来を思い出す対話』
~アラスカ・クリンギット族、ボブ・サム氏を迎えて~

2010年11月20日(土)@ミュージアム東京(東京・荻窪)

===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===xxxx===

セブン・ジェネレーションズでは、アラスカの先住民クリンギット族の
ストーリーテラー(神話の語り手)であるボブ・サム氏をお迎えして、
持続可能で公正な未来について共に考え対話するイベント、
『未来を思い出す対話』を開催いたします。

1996年に急逝した、写真家・故星野道夫氏の盟友として、星野氏の著書
「森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて」やドキュメンタリー映画
「地球交響曲第三番」にも登場するボブ・サム氏は、1998年の初来日以来、
大の親日家として何度も来日されています。

今回のイベントの前半では、ボブ・サム氏から、自然と人間のつながり、
祖先と未来の世代への思い、先住民として生きるということなど、
様々なお話を伺います。(※逐次通訳がつきます。神話ストーリーテリングは
現在のところ予定しておりません。)

ボブ・サム氏のトークを伺ったあと、イベント後半は、トークから得た
気づきをさらに深めるために、参加者全員+ボブ・サム氏で
「ワールドカフェ」による対話を行います。

ワールドカフェは自由で創造性にあふれた対話の手法です。リラックスした
雰囲気のなかで、問いに基づいたオープンな会話を繰り返しながら、
お互いに触発しあい智恵を生み出すプロセスです。

なお、前半のトークは参加者の皆さんからの質問を中心に構成する
予定です。ボブ・サム氏に聞いてみたい質問がありましたら、
ぜひお申込みフォームからお知らせください。

私たちセブン・ジェネレーションズは、地球上すべての人が環境的に
持続可能で、公正で、精神的に充足して生きる社会が同時に実現されうる
ものであるということを、より多くの人々が理解し、意識や行動の変化を
促すために、「チェンジ・ザ・ドリームシンポジウム」をはじめとした
各種の事業を行い、智慧と力を合わせ、七世代先まで持続可能な
市民社会を実現しようとしています。

ボブ・サム氏、そして皆さまとともに『未来を思い出す対話』を
深められることを、心から楽しみにしております。

-*-*-

■日時:2010年11月20日(土)13:30開場/14:00開始~17:00終了予定

■会場:MUSEUM TOKYO
〒167-0051 東京都杉並区荻窪 5-30-6 福村荻窪ビル 2F

※会場はフローリングの床になっています。床に直接座って頂くため、
必要な方はクッションやブランケットをご持参ください。

■アクセス:JR荻窪駅南口出口より徒歩1分

■地図:http://bit.ly/aNaVdf

■参加費:3000円(当日、会場にてお支払い頂きます。)

■定員:70名(事前申込み制。先着順にて受け付けます。)

■申込み:以下のフォームからお申込みください。
http://bit.ly/dbDGno

■プロフィール: ボブ・サム(Bob Sam)
南東アラスカ・シトカ出身。先住民クリンギット族の神話の語り手
(Storyteller)。長老たちにより、神話の語り手として選ばれ、
20年以上のキャリアを持つ。長年に渡り、祖先が眠る荒れ果てた墓地の掃除、
祖先の遺品や遺骨の返還運動(Repatriation)にも取り組んでいる。
著書:「かぜがおうちをみつけるまで」

■主催・お問合せ:非営利団体セブン・ジェネレーションズ
E-mail: awakeningthedreamer.japan@gmail.com